電報会社6社を徹底比較!任せて安心の電報会社をご紹介!

ホーム > 電報情報 > 電報を送る時にどんな文章を送ればいいのか

電報を送る時にどんな文章を送ればいいのか

 電報というのはどんな物かというと、お祝いやお悔やみなど電信メッセージによって届けるサービスになっています。
 結婚式や祝賀会、葬儀や告別式等に当日参列できない場合に、日時を指定して会場に直接送ることです。そこで種類はお祝いもあれば、お悔やみで利用されることが多くて、個人的利用からのビジネスシーンまで様々なシーンで使われています。
 で使われるので最近では紙の台紙だけでなく、バルーンと組み合わせた電報やキャラクターのぬいぐるみとセットになった物や写真を入れる事ができる物などがあって、利用シーンに合わせた演出ができます。


 電報の書き方は、結婚式や葬儀に電報を用いる場合には書き方にいくつかマナーがあるので注意する必要があります。
 そして必ず文末には自分の名前を書くことを忘れないで書くようにします。書き方には、忌み言葉を使わないというマナーがあります。
 例えば、結婚式の席では、割れる戻るで別れを連想させる言葉を指すことになります。また一方では再び、重ねてなど不幸が続くイメージを抱かせてしまう物を指してしまうので使わないようにします。
 また婚礼における電報には句読点を使用しないようにすることです。句読点は区切りをつける表記になっているから縁を切るという事につながってしまうので縁起がよくありません。
 文章を書くときには、スペースや改行などを使って工夫するようにします。シチュエーションに合わせて使える文例を参考にします。
 特に忌み言葉には気をつけて相手に失礼のないようにすることが大事です。また送る相手によってかしこまった書式であるかくだけた口調であるのか送る相手の関係性によって選びます。


 電報の送り方は電話会社や専門のサービス会社を使って申し込むことで利用することができます。料金は文字数によって変わってきます。
 台紙も種類が豊富で金額も様々になっています。会社は数多くあるので料金やオプションサービス、受付期間や最短配達時間なども会社によって違っています。
 文字数等セキュリティもあるし、いろいろな面を比較しながらいいところを選ぶようにします。電話やインターネットを使って簡単に申し込む事ができます。
 書き方に悩んでいる場合には、それぞれの会社で文例などがあるので参考にすれば簡単に送ることができます。安心シテおくることができてとても便利です。

次の記事へ

カテゴリー