電報会社6社を徹底比較!任せて安心の電報会社をご紹介!

ホーム > 電報情報 > 電報を使って気持ちを伝えることができます

電報を使って気持ちを伝えることができます

電報は冠婚葬祭で使われることが多く、その時のシーンに合わせて選ぶことが出来ます。
例えば、結婚式ではお祝いの気持ちを込めて文書だけでなく、ぬいぐるみなどを付けて送ることもできます。
これにすることによって、気持ちが伝わりやすくなります。
もちろんぬいぐるみだけでなく、花やオルゴールなども用意されていて、送る人のことを考えて選ぶことがポイントです。
そして、葬儀の時には、線香などを添えて送ることができ、故人の冥福を祈ることが出来ます。
ちなみに、電報で悩むのが文書ですが、テンプレートが用意されていてそれを使うこともできます。
ちなみに、NTTの場合には19時までに依頼をすることによって当日に届けることもできます。
もちろん、日時を指定して会場に届けてもらうということもできます。
最近は、インターネットから申し込むことによってスムーズに進められるようになっています。



電報を活用する時の主な事例とは

電報を活用する時には相手の家や会社などへ本当は訪問して、対話をするべきでは有りますが、遠方でどうしても都合がつかない時等に電報を送ります。
主には会社の設立等のお祝いの時等が多いですが、政治家の先生等が地方で行われる「地元の」小学校などの運動会などの式典の時に本当なら、出向いてご挨拶をするべきですが、無理な時には祝電等の電報を活用します。
会場の進行係りが式典の間に送った人の名前等を告げた上で祝電等の内容を読んでくれます。
幼稚園・小・中学校・高校等の運動会・文化祭等の時や友人の結婚式に招待状をもらったけどどうしても都合がつかない時などにもメッセージと音楽を付けた物などの祝電も司会者が信仰の間に流してくれます。
身近な通信手段だと言えます。
手紙と違って申し込みをしたら即日届けてくれますし、費用もリーズナブルな金額でも有ります。



冠婚葬祭で用いられている電報のこと

メールの他に、チャットアプリが出てくるなど現代の通信技術が格段に進歩し、迅速なやり取りが望まれています。
しかし、冠婚葬祭の場面では、気持ちを伝える手段として電報が利用されています。
電報は出た当時は郵便より速く伝達する手段として発展しました。
しかし、電話の普及により用いることは少なくなり、現在では冠婚葬祭の場面で利用するようになりました。
冠婚葬祭において気をつけなければならない点としては、忌み言葉を使わないなどがありますが、文字数によって値段が変わり、多いと高くつくことです。
そのため、値段面から不必要な言葉を入れない方が望ましいのですが、これを気にするあまり大事な言葉が抜けてしまっては意味がありません。
そこで、文例が用意されているので、それを使うのが無難なことが多いです。
電報には、台紙が付いています。
台紙の種類は豊富で、その場面に合わせたのを選びます。

次の記事へ

カテゴリー