電報会社6社を徹底比較!任せて安心の電報会社をご紹介!

ホーム > 電報情報 > 電報は業者によって料金体系いろいろ

電報は業者によって料金体系いろいろ

電報は言いたいことを文字にして相手先のいる場所へ配達してもらうための手段となります。
これは何十年も前の大昔は家などに電話がない家庭がかなり多かったので、その電話のない相手先に連絡をするための手段として利用されていました。
そのため祝電や弔電を主な利用用途として発明されたわけではありません。
今でも一部の業者では一般用として残ってる場合がありますが、ほとんどの業者は祝電と弔電専門の活動となっています。
その祝電と弔電用の電報は紙1枚だけで配達されていたかつての一般用と違って、台紙で紙を包んで配達をしています。
この台紙の存在が見た目と料金を大きく左右をしているし、業者にとっての収益源となっています。
さてこの電報はいろんな業者が参入していますが、その料金体系は業者によっていろいろ違います。
一般的には文字数と配達先エリアの配送料と台紙代金の3つの合計となります。
しかし一部の業者は台紙代金と一定数までの文字数を一緒に込みにしていたりなどしています。
またインターネット経由で申し込んだ場合は送料代金を無料にする業者も存在しています。
ただそのインターネット経由で業者を利用する場合は会員登録が必要な場合とそうでない場合があります。
なのでどの業者がいいかは日ごろから料金体系をよく読んで決めておく必要があります。



冠婚葬祭での電報のマナーを考えましょう

速さが求められる今日でも冠婚葬祭などでの場面での電報はしきたりの一つとして、なくなることは無いようです。
しかし、これをもらう人の立場に立ったマナーが必要になり、そこには昔からのマナーがあります。
一般的に電報を多く利用するのは、結婚式と葬儀です。
結婚式では、諸事情で参加できない場合など、直接お祝い出向くほどの関係でないですが気持ちを伝えたいときなどに利用します。
結婚式の祝電で気を付けたいのは、時間と言葉です。
祝電は、披露宴で読み上げられるのが一般的です。
披露宴が午前中なら前日までに、午後なら当日の午前中までに届くようにしたいです。
使用がタブーな単語にも注意が必要です。
別れや繰り返しなどは披露宴に使用しないほうが良いでしょう。
葬儀についても同様です。
葬儀の前日までに弔電を打つのが良いでしょう。
宛名にも注意が必要です。
喪主宛が普通ですが、わからないときは、故人名及び遺族ご一同様とするのが無難です。
葬儀での使用がタブーな単語は、死を直接想像させる言葉です。
これらのマナーを知って、相手方に失礼のない電報をおくりましょう。



歯科した電報で大事な人にメッセージを

結婚式や葬式など、人の生活には大きな行事がたくさんあります。
新しい夫婦の誕生を祝ったり、亡くなった人を悼むことは自分と相手の気持ちを一緒にするという意味でも大切なことと言えます。
できることなら、なるべく行事には参加してあげるべきでしょう。
しかし、生活の仕方は人個人で異なります。
自分の親戚の結婚式の日時がたまたま予定を空けられない時と言うこともあります。
そんな時には電報を送ってあげましょう。
携帯電話のメールとは少し違います。
電話で送ることは同じですが、送る文面を伝えるとそれが紙に書かれた手紙になって相手に届きます。
近年の電報はバリエーションが豊かになっており、結婚式などの大きなイベントの際に電報を送る人が増えています。
かつてとはうってかわって新しくなった昔ながらの文化を使って、知り合いにメッセージを送るのも粋です。

次の記事へ

カテゴリー