電報会社6社を徹底比較!任せて安心の電報会社をご紹介!

ホーム > 電報情報 > メッセージのみからプレゼント付きまである

メッセージのみからプレゼント付きまである

 冠婚葬祭の時に、いろいろなメッセージを贈るサービスとして電報があります。電報は、かつてはまさに情報を伝達することに使われていました。
 手紙や電話が使えないようなときでも、緊急で遠方に伝えることが可能でした。今は、すぐに伝えたいなら電話があります。
 言葉に残したいなら手紙があります。かつての使い方で利用することは少なくなったかもしれません。
 でも、いろいろな使われ方をしています。それは、多くの種類があるからでしょう。ある業者では、どんな種類があるか紹介してくれています。
 まずは最もオーソドックスなタイプです。メッセージが書かれた紙だけを贈ってもらえます。別途贈り物を宅配などで贈っているなら、メッセージのみでも構わないでしょう。
 紙の質にこだわることもありません。安く送ることが出来る場合もあります。ただ、紙を選択することもできます。


 送るときの紙は台紙といわれます。多くの業者では、まず台紙が選べます。何も書かれていない真っ白い薄い紙から、少しハードタイプの紙、そして刺繍が入っていたり、漆塗りの重厚なタイプの台紙で贈ることもできます。
 刺繍や漆塗りとなると料金も一気に上がって数千円ぐらいになります。受け取った方も、その見た目でメッセージの重さを感じることが出来ます。
 鮮やかにしたいのであれば押し花を使ったタイプもあります。こちらもきれいなメッセージを贈ることが可能です。
 台紙のみで贈るのは、お祝いや弔電を送るときになるでしょう。お祝いの時には、もう少し違った贈り方をすることが出来ます。
 それは、台紙にプラスアルファーを着けられるサービスです。こちらも台紙の他に選ぶことが出来ます。


 結婚式、出産などのお祝いの時に、プレゼントを一緒に付けて贈ることが出来ます。よくあるのは花で、生花やドライフラワー、ブリザーブドフラワーなどを付けることが出来ます。
 これによって、電報が届いたところを華やかにすることが出来ます。花の種類なども選ぶことが出来ます。
 結婚式のお祝いでは、新婦向けにぬいぐるみを贈ることが出来ます。こちらも、電報が集まるところをにぎやかにしてくれます。
 より目立つようにするために、風船付きを贈ることもあります。メッセージの贈り方では、基本的には文字を指定して依頼をします。
 それ以外に、イメージを付けることが出来ます。写真などを付けられますが、ここにも文字が記入できます。イメージなら、文字数に関係なくたくさんのメッセージを贈ることが出来ます。

カテゴリー