電報会社6社を徹底比較!任せて安心の電報会社をご紹介!

電報を依頼する時は金額と個性を重視しよう

thumbnail電報は手紙やハガキよりも早く早く相手に届ける事が出来る為、危篤や緊急事態を知らせる方法として利用されていました。しかし今は結婚式のお祝いや葬式の他にも入学祝や出産祝いなど様々な事で利用されるようになりました。今では電報サービスに様々な会社が参入するようになり、サービスや料金プランなど会社によって違った魅力がございます。

こちらのサイトでは様々な電報サービスの料金を始め、台紙の形やキャラクター台紙の種類・どの様な用途に向いているなどを、比較しランキングにして紹介しております。また実際に利用された方の口コミも掲載されていますので、選ばれる際の参考にされてはいかがでしょうか。

どんな文章にして送ったらいいか分からないと言う方におすすめなのが、用途に合わせた例文を掲載しているページになります。こちらをご覧頂きますと文章のイメージを掴む事が出来ます。また送られる際のマナーや注意点などもサイトには掲載されておりますので、合わせて御覧になられてはいかがでしょうか。

でんぽっぽ

公式サイトはこちら

電報を送る時にどこへ申し込むかお悩みの場合は、こちらのサイトを利用するとよいでしょう。このサイトは電報の比較サイトですから、数々の電報業者を比較できます。なかでもKDDIグループの「でんぽっぽ」は、利用者からも厚い信頼を受けている電報業者です。

「でんぽっぽ」では、祝電や弔電の例文が多数用意されていますので、文章を考えることが苦手な場合でも適切な電報が送れます。また、台紙もシンプルな物や豪華な物をはじめ、ぬいぐるみや生花など、それぞれの利用シーンに合わせて選べます。

「でんぽっぽ」ではメンテナンスなどの場合を除き、基本的に365日24時間、ネットから電報が申し込めます。電話でも年中無休で電報を申し込めますが、この場合は8時から22時までが受付時間となります。

ALSOK電報

公式サイトはこちら

結婚や出産、弔電など、日常生活の中でも様々な節目に電報を贈る機会があります。ALSOK電報は種類が豊富なので、様々な場面に対応した電報が取り揃えられています。シーンに応じた例文も用意されているので、初めての方でも簡単に利用できます。

ALSOK電報は会員登録をすれば、20%オフで電報を贈ることができます。会員登録費や年会費は無料なので、個人、法人を問わずお得に利用することができます。また、法人会員は企業ロゴを無料で利用することができます。

ALSOK電報では、電報と一緒に花を贈ることができます。特別な日の記念に喜ばれるでしょう。開店祝いやコンサートにも使えるスタンド花から人気のプリザーブドフラワーまで、あらゆる種類の花を注文することができます。

エクスメール

公式サイトはこちら

エクスメールは結婚や入学祝いなどの定番の行事用電報から高校野球大会出場へのお祝いや激励メッセージまで様々な内容に対応しています。一つの行事に対してだけでも100種類以上の文例の中からメッセージを選択出来るのでより自分の言葉に近い言葉でメッセージを送れます。

また電報の送付先は日本国内だけではなく、海外へも送ることが可能です。海外挙式をする知人宛、単身赴任者へのメッセージなど用途は様々ですがアジアやヨーロッパは勿論、アフリカなどの諸国にも送れて、3ヶ月先までは配達指定も可能です。

また、午前7時までに注文すれば午前中配達、午後3時までの注文で夕方配達が可能です。特に弔電は急に必要になる場合が多いため即日送りたい人には重宝されます。弔電の場合は一緒に線香や供花を添えて送ることも可能です。

For-Denpo

公式サイトはこちら

他の人とは違う電報を贈って、心に残る記念日にしてあげたいという希望を叶えることができるのがFor-Denpoです。ワインやシャンパン付き、純金メッセージなど、オリジナリティ溢れる他にはない商品が豊富です。

For-Denpoは会員登録をすると、利用するたびにポイントが貯まります。貯まったポイントは好きな景品と交換が可能です。購入金額に応じてポイントがどんどん貯まるので、電報を贈る機会が多い方には嬉しい特典です。

会員登録をすると、得意先の創立記念日や大切な人の記念日など、忘れてはいけない日を登録することができます。登録した記念日の7日前になると、記念日お知らせメールが自動的に届くので、うっかり贈り忘れてしまうことがありません。

早割電報

公式サイトはこちら

電報には、お祝い電報とお悔やみ電報があります。お悔やみ電報の場合、送ることを知った日からその期限までがあまりない場合があります。早めに送ることが難しいです。一方、お祝い電報の場合は、かなり早くから情報が得られる場合があります。

お祝い電報を送るときに特にメリットがあるのが早割電報です。こちらは、早ければ早いほど割引を受けることが出来ます。結婚祝いで送るときは数箇月前から送る日がわかっていることが多いです。こちらを使えば、大きな割引が受けられます。

早割電報は、早めに送ると安いですが、その日に送る一般の料金も安いです。基本的な料金自体もお得になっています。お祝い電報など余裕がある電報にも最適ですが、今すぐに送らないといけないいろいろな冠婚葬祭の時にも使えます。

電報には文字課金と制限なしがある

昔の電報は、必要最低限の情報しか書けなかったとされます。
「シキュウカエレ」などです。これは、一文字ごとに料金が課金されていたため、できるだけ節約するために仕方がありませんでした。今のように裕福な時代ではありませんでした。
手紙などでは、中身の重さなどで料金は変わりますが、文字の多さで変わるわけではありません。電話は、通話時間によって料金が変わります。電報においては、現在はいくつかの料金プランがあります。一つは文字制限なしです。いくらでも文字を入れることができます。文字を入れても料金が変わりません。
その他には、何文字までと制限が付いていることがあります。300文字や400文字などの制限があります。さらには、昔のように文字ごとに課金されるタイプです。長く書くと料金もアップするので、注意しないといけません。


ぬいぐるみを電報で贈るとかなりお得

ぬいぐるみといえば、子供へのプレゼントなどで使うことが多いかもしれません。
おもちゃ屋さんで購入することもあれば、ゲームセンターのゲーム機で取ることもあります。うまい人なら少ないお金でどんどん取ることができますが、あまりうまくない人はかなりお金をつぎ込んでも取れません。それなら購入した方が早いでしょう。
さらにどこかに送るなら送料が必要です。ぬいぐるみを贈るときに便利なサービスとして、電報で贈る方法があります。かつてはメッセージを贈るためのサービスでしたが、最近はプレゼントもつけられるようになりました。その中でもぬいぐるみが非常に人気です。
業者によっては、キャラクターも多く扱っているので、贈る相手の喜ぶぬいぐるみを選べる場合もあります。買って送るよりも安く贈ることができる場合もあります。
もちろんメッセージもつけられます。


電報を使う人の大半は電話会社のサービス

電話をするときに電話会社を利用します。
一応自由化されいくつかの会社が参入しましたが、設備が必要なこともあってなかなか一般の業者が参入することができません。携帯電話に関しても、それほど多くの業者が参入しているわけではありません。では電報サービスはどうかです。
元々は電話会社が提供していましたが、最近はネットから申し込みができるようになり、いろいろな会社が参入しています。となれば、電話会社のサービスは少しずつ廃れているのではないかと感じそうです。他社に比べると種類が多いわけではなく、台紙などももっと多い会社があります。でも、利用者の多くは電話会社のサービスを提供しているようです。
電報を送る機会が少なく、電話会社でしか利用できないとしている人が多いからのようです。古くから行っているサービスなので、安心感もあるのでしょう。

カテゴリー